<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

中世サロン第六夜(報告)

中世サロン第六夜の報告です。
お料理の日でした。参加くださった方お一人が、レポートをまとめておられ、ご本人の了解をいただいたので、こちらに転載させていただきます。オサムライ語を巧みに操られる方なので、レポートもオサムライ言葉になっていてユニークです。

d0155589_2155455.jpg


d0155589_21552737.jpg


以下、オサムライさんのレポート・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『中世料理を食らう会』に久々に繰り出したわし。

今回もなかなか美味なブツを頂いたのぢゃ

『包み焼き』の技法を使った、『サーモンの小麦粉包み焼き』と『キャベツのスープ』でのう。本当はここにうまそうな『ピクルス』がつくはずだったのでござるが、料理人殿が居城に置き忘れてきてしもうた模様ぢゃ。ううう、残念っ

(だが、袴や笛を忘れて現場に繰り出した経験のあるわしゆえ、『こんなところにもお仲間がおられたか』と内心ホッとしておったのもこれまた事実ぢゃ)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このサーモン料理。
当時は、サーモン部分は貴族の口に入り、小麦粉でできた皮部分(少しはサーモンの旨みを吸っておると思われる)は使用人の口に入ったようなのぢゃ。

だが、全くの当時の再現では、『小麦粉部分があんまりにあんまり』な状態で、『飽食ニッポン』に暮らすわしらにとっては『涙モノ』に違いない!と、料理人殿は『ピザ用の小麦粉』を使い、塩やオリーブオイルにハーブを練りこんだ生地にしてくれたのでござる

いざ、実食!と相成ったところ、サーモンはもちろんでござるが、この『皮』部分がうまくてのう何度もお代わりしてしもうたのでござるっ

これでは『使用人の皮』どころか、『貴族の皮』でござるのう

それにしても、ニッポンであろうが、ヨーロッパであろうが、『貴族』というのは『よい響き』ぢゃのう

(どうも民衆とか、庶民とか・・・ピンとこないのでござる)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

もう一品のキャベツのスープ。

当時キャベツは『ビンボウ人の象徴』であったらしいのでござるが、一体何ゆえ???ちゃんと煮込まれたキャベツの甘みとクミンシードの香りがマッチして、これまたうまかったのぢゃ!!!

(こちらも『肉』が入っておったゆえ、当時の庶民のスープではなく、貴族用かも知れぬが)

料理人殿いわく『このスープにほんの少量トマトを加えると、コクが出てさらにうまくなる』とのことでござるが、残念ながら『中世ヨーロッパ』にはトマトが・・・ない

他にも、今が盛りの『ナス』や『ズッキーニ』等も当時はなかった野菜らしく、使えなくて残念!だったのぢゃ!

当時、主に食べられておった野菜は、キャベツ・ニンジン・にんにく、くらいだったのかのう???(わしが大好きなジャガイモもまだ登場していなかったらしいのぢゃ。)

いろいろな解説が書かれた紙を頂いたのでござるが、終バスの時間が気になり、大慌てで帰還したゆえ(食い逃げ状態ですまぬm(_ _)m)会場に忘れてきてしまった模様ぢゃ

ともあれ、ロウソクの灯りの元で食べると、時間の流れがゆったりと感じられるのは気のせいかのう?

(それゆえか、ついついのんびりしたくなり、大慌てする羽目になったのかも知れぬが・・・)

久々に、テレビなし、和やかな会話あり、大勢の人と食卓を囲む!という贅沢な時間を堪能させて頂いたのでござる!

感謝m(_ _)m。

<オマケ>

中世ヨーロッパでは、女子が気になる男子に対して『リンゴ』を贈る習慣があった模様。

だが、このリンゴはただのリンゴではなくてのう。

女子の○のにおいがついたモノだったそうなのぢゃ!
(さて、○に入るのは何かのうっ関係者以外の御仁で分かった方はおられるかのう?!)

・・・ううむ。
それにしても、不思議な習慣があったものよのう!!!
[PR]
by medievalsalon | 2010-07-30 21:57 | 中世サロン

「楽市楽座」in南まち夏祭り

犬山の南まち夏祭りで、犬山城下町の町家カフェ樂さんと音楽祭実行委員の共同企画で楽市楽座を開催します♪♪♪


d0155589_1952347.jpg

2011年7月25日(日)

4:00PM OPEN 
9:00PM CLOSE

場所:堀部邸
愛知県犬山市犬山南古券272
*名鉄「犬山口」より徒歩約15分


*入場無料*



フリーマーケットあり、ライブあり、ワークショップあり
ゆるく楽しい時間を、趣ある武家屋敷で。

普段は非公開の文化財の建物が一般公開され、フリースタイルの
生きたイベントが催されるのは、なかなかない貴重な機会です。

ぜひ、お気軽に遊びにいらしてください。


d0155589_19465052.jpg



◆ステージ出演◆ 投げ銭
 
 4:00~ 落語(犬山落語の会)
 
 5:00~ *雨天時のみ フラダンス(Ka Lino Manawalea)

 7:00~ やじい&かむあそうトライブス

 8:00~ 手回しバイオリン&西洋琴(中世ルネサンス音楽祭)


  *ほか、フリーセッション&フリーライブあり。飛び入りも大歓迎だよ。



◆ワークショップ◆  随時

 
◎羽根ペンづくり&封蝋体験 (中世ルネサンス音楽祭)

 がちょうの羽根を使って、昔のヨーロッパで使われていた羽根ペンを作ってインクで手紙を書きます。絵を描いても。蝋を垂らしてスタンプする封蝋も体験していただけます。家族に、友だちに、大切なあの人に・・・
□参加費:500円
  

◎音の箱づくり (城下町音ひろい)

 堀部邸で聞こえる音に耳をすまし、箱に自由に描いて、音の箱を作ります。作った箱を、堀部邸のいろんな所に飾ってみても。宝箱のようにもなり、オルゴールのようにもなり、音のおうちのようにもなり、作る人それぞれの感じる音が、アートになります。   
□参加費:500円   
 
 
◎アート工作 (山本茜)
  
のんびりお絵描きしたり、工作したり。
小さなお子さんも楽しめるワークです。
□参加費:100円

  
◎忍者とあそぼう (ブックマークイヌヤマ)
  
折り紙で手裏剣や兜を作って、忍者と遊ぼう。
武家屋敷で忍者ごっこしたら、昔にタイムスリップできるかな?
□参加費:無料


◆マーケット◆
  
  ○カフェ樂
   地元犬山産の梅を使った、梅ソーダ、梅ゼリー、刺繍雑貨
  
  ○麻屋
   ヘンプアクセサリー

  ○麻生市場
   ドライ大豆ミート

  ○ほぐし屋
   ヘナボディアート
  
  ○Tomoshibi Waxxy
   てづくりアートキャンドル
   http://tomoshibiwaxxy.blog40.fc2.com/

  ○犬山城下みなみまち夏まつり実行委員会
   あさがお苗販売

   ○ ブックマークイヌヤマ
    古本市

 

◆キャンドルライトアップ◆ 18:30~

堀部邸庭をキャンドルの柔らかな光が幻想的に照らします



*ベビールーム、トイレあります*


☆この日は、南まち一帯(名栗交差点~清水屋)で、夏祭りで様々な出店やイベントが開催されています。
あわせてお楽しみください。


「楽市楽座」企画:カフェ樂・中世ルネサンス音楽祭実行委員会
[PR]
by medievalsalon | 2010-07-05 19:56 | 関連企画

中世サロン第四夜(報告)

おいしかったです!お料理だけでなく、みんなも燻製になりました。
参加人数は今回は少なく、4名。そのかわり、前回の料理のときよりも、一人分の食べられる量が多く、お腹一杯になり幸せでした♪

中世料理に関する資料をいただき、会話のきっかけにもなりましたが、中世料理だけでなく中国料理の文化にまで話が発展し、そして闇的な食についても・・・。
西欧でも虫を食べる習慣はあったのかどうか、とか、食用エスカルゴや食用蛙の話とか、ポリッジは美味かどうかとか、これまたサロンらしいひと捻りある展開になり、愉快なおしゃべりでした。

資料がそろえば、中世人の味覚というところにも、掘り下げていけたら面白いだろうな、と思いました。


サポート・・・というより、ほとんど、すべて作ってくださっている、出張料理人のたけさん、ありがとうございました。

ご本人よりレポー転載のOKをいただいたので、こちらに紹介させていただきます。

****************************

d0155589_1932236.jpg


11月に行われる、中世ルネサンス音楽祭のフードプロデュースをやらせて頂く為の研究を兼ねて、中世サロン会にて中世ヨーロッパ料理を再現して食べて頂く会を毎月第4水曜日に行っています

d0155589_19324035.jpg


今回のテーマは保存食

冷蔵庫などもなく車など流通が未発達だった中世の時代

魚や肉を塩漬けにしたり、燻製にしたりして保存食として食べていました
昨日はそんな中世の時代から食べられていた、食材を燻製にして、ろうそくの灯りの中で、音楽を聴きながら食事をしました

d0155589_19331285.jpg


一部の食材をサロンのキッチンで燻製のデモンストレーションをやり、部屋の中が煙りで充満してしまいちょっと失礼しましたが、赤ワインを飲みながら食事を楽しみました

d0155589_1933379.jpg


11月に向けてだいぶイメージが沸いてきました

7月第四週(28日)のテーマは中世の魚料理とピクルスです


***************************


次回中世サロンは、7月14日(水) テーマは、「中世の服装」です。

コスプレ大会なるか??そんなに衣装があるだろうか?
染色についても、触れられるといいですね。
[PR]
by medievalsalon | 2010-07-01 19:46 | 中世サロン